男性作業員

アシナガバチ駆除は危険な作業┃専門の業者に依頼しよう

住宅に住み着くイタチ対策

いたち

夜中に天井裏で動物の気配がしたら、イタチが住み着いている可能性もあります。イタチはわずか3センチの隙間からでも侵入します。イタチ駆除には自治体の許可も必要な上、メスは捕獲できません。害獣駆除業者は忌避剤・ストボロ装置・捕獲ゲージという3つの方法でイタチ駆除を行ない、侵入対策も万全に実施してくれます。

詳細へ

アシナガバチの対処方法

蜂

私達の生活圏に比較的身近な昆虫でありながら、高いリスクを備えている種類も存在しているのが蜂です。たとえばミツバチやクマバチ、アシナガバチやスズメバチなどは日本で見かける機会が多い蜂ですが、ミツバチやクマバチには刺されても痛みを覚えたり、刺された箇所が若干腫れてしまうだけなのに対して、アシナガバチやスズメバチに刺されてしまった場合、最悪のケースでは命を落とすことになるというリスクがあることには、注意しておくといいでしょう。これはアナフィラキシーショックという症状を引き起こしやすいためです。また攻撃性が高いスズメバチ以外には、基本的にこちらから攻撃を加えない限りは、刺されてしまうことは滅多にありません。ただし、巣に近づく、巣を攻撃するといった行動は、この攻撃を加える行為に該当してしまうことには、合わせて注意しておくといいでしょう。

上記を踏まえると、たとえばアシナガバチ駆除を行う必要があるのは、出入り口や通路の近くなど、その側を頻繁に通らざるを得ない場所に巣ができてしまった際であると言うことができます。また巣を攻撃する際には最も刺されるリスクが高まるため、アシナガバチ駆除は活動が沈静化する夜間に取り組むべきであるということも、知っておくといいでしょう。またアシナガバチ駆除のリスクを最大限に減らしたいのなら、害虫駆除業者や蜂駆除業者などの専門業者への依頼を行うのがオススメです。アシナガバチ駆除に必要な防護服などの専用道具を用いて駆除にあたってもらうことができ、また取り除いた巣の処分なども合わせて行ってもらうことができるため、危険を回避できるだけではなく、手間をかけずにアシナガバチ駆除を完了してもらうことができます。

安全を最優先に

鳥

鳩には居場所に執着する習性がありますので、居座る前の先手でコストを抑えた対策が実現できます。捕獲するような駆除は役所の許可が必要です。ベランダにおける防鳥ネット設置や巣の撤去は高所で行う作業が多いため、専門業者への依頼が支持されています。

詳細へ

害の悪影響と方法

ハト

鳩の害とは糞です。糞は害虫や病原菌が発生する可能性があります。しかも鳩は同じ行動パターンに基づく習性がありますので、駆除しないと糞は集中化してしまいます。その駆除方法としては、針山とテグスが有効です。また、対策を行なっても鳩を駆除できない場合は、専門の業者へ依頼するとよいでしょう。

詳細へ