作業員

アシナガバチ駆除は危険な作業┃専門の業者に依頼しよう

住宅に住み着くイタチ対策

いたち

毎年同じ季節に繁殖例も

夜中に天井裏でゴソゴソと音が聞こえてきたら、ネズミでも住み着いたのではないかと疑うものです。しかしながら、住宅に侵入する動物はネズミだけに限りません。ネズミよりも大きいイタチの可能性もあります。と言っても日本に広く生息するニホンイタチの体長は、比較的大きいオスでも30センチから37センチ程度です。メスはオスよりさらに10センチほど小さい体長でしかありません。メスのイタチはドブネズミの大きい個体とそれほど変わりないのです。イタチは細長く柔軟な体つきをしており、わずか3センチの隙間からでも家の中へ容易に侵入できます。天井裏を好んで住処とする習性があるため、住み着かれた場合は住宅への被害も懸念される動物なのです。毎年同じような季節にそういった気配を感じるようなら、イタチが天井裏を繁殖場所に選んでいる可能性もあります。天井裏にイタチが住み着くと、騒音ばかりでなく糞尿による悪臭被害も発生します。イタチ駆除には自治体への許可が必要な上に、メスのイタチは捕獲できない決まりになっています。見かけによらず凶暴なイタチ駆除には専門知識が必要ですので、ここはプロの害獣駆除業者に相談するのが無難です。

3つの駆除方法と侵入防止

害獣駆除の技術を磨いているプロの業者は、イタチ駆除に先立って入念な調査を行ないます。イタチの侵入経路を確認した上で天井裏を調べ、必要な対策を考えるのです。業者によっても駆除方法は異なりますが、大半の業者が採用している3つの方法が挙げられます。1つ目はイタチが嫌う成分を使った忌避剤の使用です。屋内にはスプレー式薬剤や煙霧剤を使い、屋外では固形タイプの忌避剤を設置する例が多くなっています。この方法はイタチの侵入を防ぐ意味もありますが、すでに天井裏へ住み着いているイタチは追い出さなければなりません。2つ目の方法としての追い出しによく使われるのは、強い光を発生させるストロボ装置です。イタチはこうした光を感知すると驚いて逃げ出す習性があるのです。忌避剤やストロボ装置でも効果がない場合、最終手段として第3の方法の捕獲ゲージが設置されます。無事イタチ駆除に成功した暁には、汚染された天井板の清掃や消毒・天井板補修も欠かせません。害獣駆除業者はそうした事後処理に加え、侵入口を塞ぐ工事も実施してくれます。こうしたイタチ駆除だけは素人になかなか真似できないものです。プロの技はこういう時にこそ役に立つのです。